みなさん、こんにちは。しゅうかです。
今回は「子どもの未来と現在の幸福」についてシェアしていきたいと思います。






① はじめに


私は学習塾を経営しています。
そこで子ども達に必ずと言っていいほど聞かれることは、

「これやって何のためになるの?」
「これ本当に必要なの?」


ということです。


子どもは「なぜこんなことを学習するのだろう?」と常に疑問に思って学習しています。だから、頭に入らない上に、身につかないのかもしれません。



私は一つ一つその疑問に答えます。

どこでこの知識が役立つのか。
自分に必要な学習なのか。

それがわかると、「へ~!これを使って仕事をしている人がいるんだ。」と納得して取り組みます。



ここから感じることは、
子どもも大人も同じ。


大切な時間を割いて、やりたい事を我慢してまで、
本当に勉強する必要はあるのかを知りたいんです。





では、ここで質問です。


将来の為に、
今の幸せを手放すべきか?


ここからは、それについて深堀りしていきます。
今か未来か

② 2020年教育改革


みなさんもご存じかもしれませんが、2020年からの大学入試改革を筆頭に、小学生の学習指導要領が大きく変化し、それに伴って中学・高校の教育も変化します。

特に有名なものは、以下の内容です。

・大学入試において、センター試験から共通テストへの移行
・小学校における英語教科化・プログラミング教育の導入



そもそも、なぜこういった改革が起こったのかというと、「今の時代に合わない教育をしているから」なんです。

・リーマンショック級の世界的恐慌
・地震や台風、ゲリラ豪雨や洪水
・AIの進化
・日本人のさらなる学力低下


こういった事を考慮した学習が必要です。




具体的にいうと、

(1) 予測できない事態に遭遇した時に、今の教育のままでは柔軟に対応できる能力が身につかないこと。

(2) 少子化が進む上に学力も低下すると、今後日本を引っ張っていく若者が極端に減少したり、海外へ移住する可能性が高くなります。その時、日本はどうなるのかということ。

(3) 2045年AIが人間の知能を超えるという「シンギュラリティー」を指摘されている時代に、人間だけができること、AIができることを理解し、AIを活用できる人材を作っていくことは必要不可欠でであること。

などが挙げられます。



すでに多くの人がこれについては述べていることで一度は耳にしたことはあるかもしれませんが、これを聞くと私は正直不安に駆られます。



我が子やうちの塾生に、どこまでの能力をつけてあげれば良いのか…。







③ 目の前の我が子を見る


では、ここからは視点を子どもに移して考えてみましょう。

これからの世の中に必要な能力については、何となくご理解いただけたとは思いますが、今それを全て身に付けることは不可能です。


今できること、

それは、

目の前にいる子どもの姿をしっかり見ることです。



習い事をしすぎていませんか?
受験のために勉強ばかりさせていませんか?
親子・家族の仲は良好ですか?
毎日どんな表情をしていますか?


私は大手塾で13年・合計すると18年間先生として働いてきたのでわかりますが、
良い学校に合格することを目的にしてはいけません。
受験をして不幸になる人もいます。合格したからと言って、幸せになるという保証はないのです。


だから、勿体ないかもしれませんが、
目の前の子どもが苦しすぎるのであれば、習い事や中学受験を諦めましょう。高校受験であれば、レベルを下げることで解消できるはずです。


将来必要な能力は、早ければ早いほど身に付きやすくなりますが、初めにお伝えした通り「なぜ学習するのか?」を理解することができなければ、思うように結果は出ません。


今を犠牲にせず、しっかり子どもを見つめて下さい。





④ 家庭で身につく能力


学校や習い事などで見に付けられる能力もありますが、もちろん家庭の中で見につく能力もあります。

これについては、実践教育ジャーナリストの矢萩邦彦さんが仰っている内容をまとめさせてもらうと、


家庭で見につく力は、主体性多様性協動性です。


これらは、言葉だけで見ると難しく感じますよね。

しかし、こう考えて下さい。



・家族で会話をすると、
 思考力や判断力、主体性が身につきます。
(※主体性とは自分の意志や判断で責任をもって行動すること。)

・お手伝いをしてもらうと、
 家族で協力してやることや、自分の存在意義ができます。

・興味のある事や好きな事をさせてあげると、
 どんどん打ち込み、多様性が生まれます。


確かに!
と感銘を受けました。


家庭の中で何気なくやっていることでも、大きな力となっていくんだということを是非知って下さい。





⑤ まとめ


将来必要な力は沢山あります。
基礎学力の向上や、臨機応変な行動ができるようになること、AIにできない能力を身に付けることなどは今後必要になるでしょう。

しかし、それだけではなく、実は家庭内で見につく事がとても大切な能力になります。


①自ら考え・判断して行動する
②リーダーシップを発揮して、
   チームをまとめる
③人の心を感じ取る



それこそ、AIにはできない独自の能力になるのではないでしょうか。



今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた、次回のブログで。