みなさんは「テストの花道」という番組をご存知ですか?その番組では入試に関する様々な悩みを解決する方を解説していました。

今回もテストの花道で紹介されていた勉強に関する先輩達の知恵工夫をシェアしたいと思います。


※私は個人的にテストの花道が大好きで、この番組を通してノウハウを学んだり、非常に助けらましたので、純粋に良い内容を紹介したいという気持ちでやっています。


テーマ
「ひらめき」「思いつき」の能力 

これさえあれば、今まで解けなかった難問も、さまざまな解き方が思いつき解けるようになります。

FullSizeRender





◆「思いつく力」の3ステップ


この番組では、3つのステップを踏むだけで思いつくようになると言っていました。
その3つとは、


① 情報を整理
② 情報を分析
③ 視点変更



です。少し詳しく説明すると、


① 情報を整理

問題文に書かれていることをしっかり読み取れるかどうかは大きな差になります。この問題では何を問われているのか、どのような条件があるのかを整理しましょう。



② 情報を分析

上記のことを踏まえ、実際に計算したり考えていく段階です。ここでのポイントは可視化することです。可視化とは、簡単に言うと「見える化」のことで難しい情報を図や表や絵にすることです。
そうすることで文章だけの問題も理解しやすくなりますよね。



③ 視点変更

一つの方法に固執するのではなく、あらゆる視点で考えることです。
例えば、スタートからゴールを考えるだけでなくゴールからスタートを見てみること、正面からだけでなく下から見てみるなど、視点を変えるだけで思いついたりヒラメクことはあります。




◆ 先輩たちの事例とアドバイス①

〈可視化する方法〉

・東京大学 文科3類の先輩
数学の問題を図にすることで意外と問題が簡単に解ける。

・東京工業大学 大学院の先輩
問題の大切なポイントを図にすると、取りこぼしがなくなるので問題の解法につながる。思いつく力になる


・お茶の水女子大学 理学部の先輩
国語や英語については長文を段落ごとにひとつひとつ絵にしてアニメーションのようにしていくとわかりやすかった。




◆ 先輩達の事例とアドバイス②

〈視点変更〉

・東京大学 教養学部の先輩
わからない単語があるから読めない
とりあえず最後まで読み切る
わからないことを何かに置き換えて、文章をつなげて読めるようにする。

ポイント
わらない名詞はことものに、わからない動詞は〜すると置き換えて読む



・東京大学 経済学部の先輩
自分の考えや見方に偏りがちになりますが、問題文はヒントの塊なので、出題者の意図を意識するようにしていた。



◆ まとめ

当たり前ですが、入試では今までやった問題と全く同じ問題は出ません!この問題はあの問題と同じ解き方で解けると気がつくためには、思いつく力が必要になります。
まずは、
問題文をしっかり読み、何を問われているのかを明確にする。その後、理解しやすくする為に図や表・グラフなどに書きあわらしてみる。
それでも解けない時は、視点を変えて裏側やゴールから問題を見つめてみる工夫をしてみましょう。

このように、①情報の整理 ②情報の分析 ③視点変更の3つの要素を上手く活用して「ヒラメク!思いつく力」を身につけていきましょう!!

では、また。