みなさんは、これについてどう思いますか?

今までは何とも思わなかった人が多数かと思います。
私はむしろ反対でした。
今回はこの9月スタート説についてシェアしていきたいと思います。

FullSizeRender







① そもそもなぜ9月説?

ご存知の方は多いかと思いますが、欧米は学校が9月スタートです。

日本でも、英語が話せる事の重要性や海外への進出の風潮が進み、海外留学をする人が増えていました。
そうなれば、学生達は4月から9月までの間に空白の時間ができるわけです。

それに合わせるように9月スタートに変更してはどうかということが、以前から話題に上がっていました。


② 問題点

9月スタートの問題点を大きく3つ挙げてみます。



問題1 : 空白の半年
日本でも本格導入となると、その時の学生達は3月中旬から8月までの半年間、調整期間となり異例の対応をとらなくてはいけなくなります。ここが一番のネックでした。

問題2 : 学年調整
現在は4月スタートなので、基本的には4月から翌年3月末生まれの子供を同じ学年というくくりにしていましたが、9月スタートにすることによって9月から翌年8月末生まれの子供を同じ学年として、変更しなければならなくなります。

問題3 : 就職時期の変更
学生だけの問題ではなく、教員側の移動や就職のタイミングも9月になります。となると、言うまでもなく社会全体を9月スタートへと移行しなければなりません。
3月決算・4月スタートから8月決算・9月スタートへ変更することは相当システム上の変化も必要となります。


ここに、さらにプラスαの問題点として、

問題4 : 新型コロナ終息問題
9月に新型コロナウィルスが収束しているかどうかはわからない。

問題5 : 現実論
現実的に可能であるかを論じる前に、オンライン授業の充実が先だという意見がある。

正直、これについては同感です。しかし、それが出来たとしても、すでに空白の2ヶ月に大きな差ができてしまっている以上、平等さを考慮してはきはち過ぎてしまっていることを踏まえて考える必要があります。




③ 推奨する理由

9月スタートへの変更、これは強く推奨します。
なぜなら、公的な義務教育は平等に与えられるものだからです。

東京、大阪、北海道などでは、3月2日から学校が休校です。しかしコロナウィルスの感染率が低い他の都道府県では通常通りの教育を受けています。
さらには、4月16日以降から学校が休校になったという地域もあるでしょう。

その差は学力的にも精神的にも大きいと私は考えています。


さらに、9月スタートにできるチャンスは今しかありません。

今までの問題点であった3つ全てを、今なら帳消しにできると思いませんか?
どこかの市長が言っていました。
「転んでもただでは起きない」
その通りです。
ピンチをチャンスに変えましょう!


仮にこの先、緊急事態宣言の取り下げが6月初旬に行われたとしても、果たして以前までのような日常生活や学校生活が取り戻せるでしょうか?

「ソーシャルディスタンスを保ち」
 ゆるやかに日常を取り戻す。
そして、また次の冬には流行だすかもしれないという危機感を持つようになります。
そんな、今までとは別世界へと変わっているのではないでしょうか?





④ 目を向ける先

大人は、大人の事情ばかり気にします。
でも、目を向ける先は何処かを考えて欲しい。
この先、私たち大人より遥かに長い人生を日本で過ごしていく「子供たち」に向けるべきです。

お年寄りの高齢者を守ることも大切。
今活動している大人を守ることも大切。
そんな事、当然です。
コロナで影響を受けた大人への補償は、有難いことに沢山あります。

でも、私は教育従事者として言いたい!
子供への補償を与えてください。
大人以上の大切な時間を奪われた子供への影響は、計り知れないほど大きいものです。


それは、子供の立場にならなければわからないことです。


例えば、
4月入学や進級というタイミングを逃した子供たちは、未だにどこか進級したという感覚が鈍く、モチベーションが低いのではないでしょうか。

しかし、4月に入園・入学・進級を学校や地域で祝ってもらえた子供たちは、「よし!やるぞ!」という気持ちになるものです。



少し緊張しながら学校に向かい
新しい学年の新しいクラスに入り
担任の話を聞いて意欲喚起され
新品の教科書を受け取り
委員会など自分の役割分担を決める
ここで1年頑張っていくんだなと自覚する


…こういう当たり前の事が実は大切なのです。 



先程も述べましたが、
学習の遅れについても深刻です。


私は学習塾の塾長です。
塾に通っている子供たちは、学習を続けていますが、そうでない子供はどうしているのだろう…。
「そう思わない日がない」と言えるくらい、この2ヶ月の学力差を危惧しています。

こんなに大切な単元を、しかるべき時期に学習していない子供達に対しても、平等に来年には入試という一大イベントが来るわけですから。
こんなに可哀想な事はないですよ。

それを取り戻すチャンスがあるなら、間髪おかず与えてあげて欲しい。


当然、色々な問題点はあるでしょう。
しかし、すでに大きな問題が起こってしまっています。9月スタートに変えるのは、今しかありません。

※ちなみに、
文部科学省や安倍首相も、検討の余地ありという意図のコメントをしています。(2020年4月29日時点)



⑤ まとめ


4月入学を9月入学へと変更することは、まさにピンチをチャンスに変える!という事になります。

子供たちの失われた時間が返ってくるのなら、私はそのチャンスを逃さず与えてあげて欲しいと願います。

9月でもコロナウィルスが終息していないと予想できるなら、それまでに政府が1人1台タブレットを支給してあげればよい話です。
そして、9月からは全員平等な「義務教育」を与え、全員平等に7〜8月に入試というイベントを迎える。

9月までにそれに備えた準備を大人がしてあげればよいのですから。


では、長くなりましたがまた次回の記事で!